ted (2012)


 Ted is a 2012 American buddy comedy film directed by Seth MacFarlane in his feature film directorial debut. The screenplay by MacFarlane, Alec Sulkin, and Wellesley Wild is from MacFarlane's story. The film stars MacFarlane, Mark Wahlberg, Mila Kunis, and with Joel McHale and Giovanni Ribisi in supporting roles, with MacFarlane providing the voice of the title character. The film tells the story of John Bennett, a Boston native whose childhood wish brings his teddy bear friend Ted to life. However, Ted prevents John and his love interest Lori Collins from moving on with their lives.

Ted - Wikipedia
buddy: 相棒、兄弟
directorial: 監督の
screenplay: 映画脚本
childhood: 幼少期


Review
 Seth MacFarlaneの映画監督debut作。
 しかし、なんだか既視感が。。。PeterとBrianのコンビそのままで、Family Guyを実写化したら、こんな感じなのかなー

 てか、Family Guyとjokeがいくつか、かぶってるだろー

 Lori役の女優さんは、Megの声をやっている人。もともと女優さんだったんですね。声も話し方もMegそのままで、こんな人だったんだーと感心しながら見てました。

 シナリオは、あってないようなもの。かわいいcharacterが出てきて、下ネタとblack jokeを連発するっていうFamily Guyそのまんまのconceptだけで、2時間、突っ走ります。
 酒、ドラッグ、下ネタ、あと、30代以上のおっさんが喜びそうな回顧ネタの連続で、はい、いつものSeth MacFarlane流のjokeです。(South Parkのfanとしては、Seth MacFarlaneを応援するわけにはいかないのだ!)

 付いていける人と付いていけない人の差がはっきり出そうな映画。特にアメリカのテレビ番組やタレントに関するjokeが多くて、アメリカ国外の人には不親切な感じ。こういうところが、South Parkと違って、Family Guyが日本で受けない理由なんだろうなぁ。





広告