DNA検査
South Park
Season 21 Episode 3 - Holiday Special

DNA And Me

Randy, do you mind cleaning out the garage like I asked?
ランディ、頼んでおいたガレージの掃除、やってくれない?

What's the point, Sharon? Soon they're gonna be coming after me.
それがなんになるっていうんだよ、シャロン?もうすぐ奴らが俺のことを暴くっていうのに。

Wouldn't you like to know the story of you? What makes you, you?
自分のことを知りたいと思いませんか?何があなたを、あなた自身にしているのでしょう?

DNAandMe is a genetic service that can help you find out exactly who your ancestors were.
「DNAandMe」は、遺伝子調査のサービスです。あなたの先祖が誰であるのかを正確に知ることをお手伝いします。

You might be surprised.
驚くような結果が出るかもしれません。

I thought I was just a standard white guy. But DNAandMe showed that I'm actually 4.2% Cherokee Indian.
自分はただの白人男性だと思っていました。しかし、DNAandMeは、私が実は4.2%のチェロキー族であることを示してくれたのです。

Turns out I'm not totally white. I'm also part Northern Asian, and even some Kurdish!
私は純粋な白人ではないことが分かりました。私の一部は北アジア人で、さらに一部はクルド人でもあるのです!

I'm a victim of oppression!
私は、抑圧の被害者なんです!

I used to get in trouble for always using the "N" word.
以前は、黒人を差別する用語を使うときは、いつも問題になりました。

But with DNAandMe, I found out that I'm 2.1% black!
だけど、DNAandMeのおかげで、私が、2.1%の黒人であることが分かったのです!

'Sup, xxx.
よう、元気かい、xxx. ('Supは、What's upの短縮化したもの)

The test is easy. Simply swab the inside of your mouth and send it in to our labs.
テストは簡単です。単に口の中を綿棒で拭って、それを私たちの研究所へ送ってください。

People made fun of me for being French. DNAandMe showed I was 8% Navajo.
みんなは私のことをフレンチとからかいますが、DNAandMeは、私が、8%のナバホ族であることを示したのです。

Nobody's making fun of me now, or my people, who were victims.
もうこれからは、被害者の民族である私の出自を誰も馬鹿にすることはできません。

I'm 13% victim! I'm 21% victim.
わたしは、13%の被害者です!自分は21%の被害者です。

Order now and find out if your friends should be more sympathetic towards you.
今すぐ申し込んで、あなたの友人たちがもっとあなたに対して同情的であるべきかどうか確かめましょう。

DNAandMe. Are you in?
DNAandMe。あなたは試してみますか?

Hell [bleep] yes, I'm in.
あぁ、もちろん。


・Cherokee, Navajo
 チェロキーもナバホも、アメリカ国内で非常によく知られたNative Americanの部族、いわゆるインディアン部族。
 チェローキー族は、ゴールドラッシュの時代にインディアン戦争を戦ったため、西部劇によく登場します。
 ナバホ族は、強制移住、強制収容所送りになった部族として知られています。

 現在では、さまざまな部族もNative Americanとして、ひと括りに扱われてしまうことが多いのですが、先コロンブス時代には、1500以上の言語が存在し、部族ごとに、家族形態、社会生活、生活様式がそれぞれ異なり、「インディアン」という統一的な意識は存在していませんでした。特に髪型や民族衣装には、部族ごとの違いが明確にあり、このepisodoで登場するような羽飾りを持った典型的な「インディアン」のイメージは、中部平原の部族の衣装を元にハリウッドの映画産業が作り上げたものです。

・"N" word
 いわゆるxxx、xxxといった言葉。
 そのほかに、"F" wordという言い方もあって、xxxやxxxといった意味。


DNA Testing
 以前、アメリカで民族的な出自を調べるためのDNA鑑定が流行している、という記事を読んだことがあったけれど、今回のサウスパークを見て、これってどれくらい行われてるんだろう?と気になったので、ちょっと調べてみた。

 それで、「DNA Testing」で検索してみたら、出るわ出るわ。。。

 公的な医療機関から、民間の企業まで、さまざまなところが参入してきているようで、ホントにたくさんの個人向けDNA鑑定サービスが存在してます。

 医療機関や研究施設に赴いて、検査するものもあれば、この「DNAandMe」のように検査キットを送ってもらい、自宅で検査できるものもあります。(自宅でサンプルを採取して、それを送り返すだけという簡便さ。安いものだと200ドル程度でできるらしい。さらにアメリカ国外からの申し込みを受け付けている会社もあって、日本からも申し込むことができる。)

 で、こうした民間のDNA鑑定サービスで、もっとも有名な会社のひとつが、「23andMe」というところ(23は染色体の対の数)。

 これが、元ネタかい!

参考
23andMe - Wikipedia

 2006年に設立して、2007年には、Googleから390万ドルの出資を受けてます(当時の日本円で4億7000万ぐらい)。この10年の間で、急成長した会社です。

 アメリカでは、こうしたDNA鑑定は、病気や親子関係を調べるためよりも、民族的な出自を調べるために利用する人が多いようです。アメリカ人の民族的出自への関心の高さが窺われます。

 日本でも調べれば、純粋に日本人と思っている人でも、ほとんどの人に数%か、あるいは1%以下程度の割合で、中国や韓国、東南アジア諸国のDNAが含まれているんじゃないでしょうか、たぶん。
 確かに、ちょっと気になりますね。




広告