Kelly Joe Phelpsの3rd album。
 全曲、Kelly Joeによるguitarの演奏のみ。(Piece By Pieceにのみharmonicaが加わっている。)

 Kelly Joe Phelps初期の名作であると同時に、今やContemporary Bluesの名盤に数えられている。
 ともかくvocalが非常にシブい。純粋にguitarの音色と歌声にシビれることのできる一枚。