Samantha Fish grew up in Kansas City, Missouri. Fish started out playing drums, but when she was 15 she switched to the guitar. Fish frequently went to the Knuckleheads Saloon to hear touring Blues artists. After turning 18, she often joined in with the singers and bands who were performing at Knuckleheads.
 Early influences on Fish were Keith Urban and Sheryl Crow. Stevie Ray Vaughan was also a major influence on her.

Samantha Fish - Wikipedia
 2012年のBlues Music Awardで、Best New Artistを獲得した新人女性Blues Singer。

 若い女性singerといってもBluesの演奏はかなりな本格派。低音のguitar riff、smokyなvocalと、ちゃんとBlues fanのツボを押さえている。

 YouTubeで、下の↓動画を偶然見つけて、CD即買いしてしまった。ともかく、見た目の若さからは想像できないくらい渋いBluesを演奏している。しっかし、ホント、アメリカのBlues singer層の厚さを感じさせる。

Samantha Fish - Runaway (2012)


 演奏しているのは、Samantha Fishの(実質的な)debut albumのtitle曲、"Runaway"。アメリカで契約できるところが見つけられなかったのか、ドイツのlabelから出ている。かなりRock色を出した曲だが、Blues Rock fanなら、ホント必聴!





Samantha Fish - Wild Heart (2015)


 Samantha Fishのalbumからもう一枚。Wild Heartという2015年発表の作品。Bluesが基本なのは変わらないけど、全体として、かなりRock色を強くしている。

 前回のalbumでも、guitar、drums、baseの3 peaceだけで、低音を効かせたBlues rockを何曲か披露していたけど、このalbumではそれをさらに前面に押し出している印象。やっぱり、Samantha Fishは、Blues rockの方があっているなー。

 YouTubeの動画は、新作Wild Heartからの一曲。ほんと、3人だけの演奏だとは思えないぐらいの迫力。これぞBare Bonesって感じ。