海外の人が見たニッポン – 世界が称賛する禅の国、日本

Japan’s Problem with Noise Pollution
 Feel woolly-headed, distracted and overwhelmed, but not sure why? The answer may be in the sound waves of the city.

 Despite Japan’s international image as a country of serene temples and quiet gardens, according to a 2018 report by the World Health Organization, Japan is the noisiest country in the world.

 To prevent negative effects, the WHO recommends avoiding being exposed to noise over 53 decibels. The legal average limit in Japan is about 70, a number based on data 50 years out of date, according to Prof. Matsui of Hokkaido University who spoke about the problem in an NHK feature on noise pollution in Japan.

Japan is the noisiest country in the world.
 While the WHO’s numbers are likely to be a bit skewed due to the vast size of Japan’s major cities and the presence of several noise-creating airbases, there is definitely more than a grain of truth to this decibel-intense soundscape.

 Even in local news concerns about noise pollution are rising with noise coming in as one of the top reasons citizens complain to the Environment Dispute Coordination Commission, a government organization that oversees environmental disputes.

Noise pollution in Japan’s cities
 Of course, in rural areas, there are plenty of pockets of quiet. But in major cities, the combination of a culture of constant intrusive alerts and warnings, salespeople screaming out deals and stores’ background music, thin walls and seasonal (obnoxiously loud) local election campaigning, creates a situation in which your ears are constantly under attack — whether you’re consciously aware of it or not.

 Japanese train stations, in‌ ‌particular, seem to be a haven of noise, with constant overlapping announcements and megaphone-wielding staff. In 2008 a doctor independently measured the sound levels of several stations and found that Tokyo hubs like Ueno and Tameike-Sanno were buzzing around 100 decibels, almost double the WHO’s recommended 53.

GaijinPot Blog

Feel woolly-headed, distracted and overwhelmed, but not sure…

∩_∩
(=゚ω゚) Lan: 。。。

∩_∩
(*゚ー゚) Lin: 。。。これ読んでると、ほんと、恥ずかしくなってくるよ。。。

∩_∩
(=゚ω゚) Lan: これ、海外の記事やSNSなんかで、よく指摘されてるよね。自分も海外の友人や知り合いから、似たようなことよく言われるよ。

∩_∩
(*゚ー゚) Lin: そう。自分もほんと言われる。

 二ホンって、「禅」の印象があって、「静寂の国」みたいに思ってたけど、実際来てみたら全然違ったって何度か言われたことあるなー

 街中どこもかしこも騒音だらけだし、ネオンや看板だらけで、見た目的にもゴチャゴチャしてるし、そりゃそうだよなーと思ったよ。

∩_∩
(=゚ω゚) Lan: SFの世界に来たみたいって言われるよね(笑)

∩_∩
(*゚ー゚) Lin: そうそう。

 でも、不思議なのは、海外の人から日本はうるさいって感想を聞くことはあっても、日本人でこれを問題として捉えてる人って全然いないよね。

∩_∩
(=゚ω゚) Lan: そう。まっ~たく、いない。びっくりするぐらい、いない。

 ホント、日本人は環境音とか騒音に対して鈍感だよね。

∩_∩
(*゚ー゚) Lin: この記事でも指摘されてるけど、「うるさい」っていうのは、単に個人の感想の問題じゃなくて、「公害」の問題で、日本以外の国では健康被害に関わる環境問題として扱われてるんだけどね。

∩_∩
(=゚ω゚) Lan: Noise Pollution(騒音公害)ってしっかり書かれてるよね。

 日本人に都市の騒音公害について意見聞いてみると、ほとんど全員が、「は?何それ?」って感じの反応しかないんだよね。まったく問題として意識してないというか。。。

∩_∩
(*゚ー゚) Lin: もう毎日のことだし、生まれた時からずっとそういう環境なんだから、もうまったく気にならないし、意識しないんじゃないかな。。。

∩_∩
(=゚ω゚) Lan: この記事のこの部分。。。

 ”a situation in which your ears are constantly under attack — whether you’re consciously aware of it or not”

 ってのが、なんか今の日本の状況と日本人の感覚をよく表してるよなぁ。。。

 たぶんこの著者も周りの日本人に意見を聞いてみても「は?何それ?」って感じの反応しか得られなかったんじゃないのかな。

∩_∩
(*゚ー゚) Lin: ほんと、ふしぎ。まったく意識してないんだよね。

∩_∩
(=゚ω゚) Lan: こーゆうの↓がまったく意識に入らないんだから、逆にスゴイよね。。。

(出典: GaijinPot

∩_∩
(*゚ー゚) Lin: あー!なんか、もう見てるだけで、うるさいっ!

∩_∩
(=゚ω゚) Lan: 「心頭滅却すれば火もまた涼し」って言うじゃん。

 東京の生活に慣れきって、頭からっぽで生きてれば、こんなのもまったく気にならなくなるんじゃない?

∩_∩
(*゚ー゚) Lin: 。。。やっぱり、日本は「禅の国」だわ。

Words in the Article

woolly-headed: 頭の混乱した、もじゃもじゃ頭の
distracted: 乱れた、気の散った
overwhelmed: 圧倒させられた
serene: 静寂な
expose: さらす
decibel: デシベル(音の強さを表す単位)
noise pollution: 騒音公害
skewed: 歪んだ
airbase: 空軍基地
a grain of truth: 一抹の真実
soundscape: 音の環境、音風景
intrusive: 侵入する、邪魔な
obnoxiously: 不快なほど、あきれるほど